ニュース7:“意識高い系”が仇となり大手を辞め起業して陥った37歳の「マイルド貧困」

“意識高い系”が仇となり大手を辞め起業して陥った37歳の「マイルド貧困」
ニュース概要
IT企業の社員が会社を辞め、企業し、なかなか軌道に乗らず、マイルド貧困に陥っている。
相反する2つ以上の意見
山下さん
社長業としての収入はなく、以前勤めていた会社から請ける仕事のみでしか収入がない。ただこのままでは、ジリ貧状態なので、社員を増やして、仕事を増やしていかなければならない。
記者
意識高い系の界隈に踊らされ、マイルド貧困になっている。
仮説
何がしたいや●●が求められているから企業したいというよりも、漠然と仕事を自分で作り出したいや起業したいという気持ちが大きすぎるのではないか。社員時代に行っていたというセミナーや勉強も目的があって行っていたようには感じられないので、なにも身に付かなかったのではないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする