南青山「100億円」児童相談所建設に住民から「土地の価値下げないで」「騒音公害」と反対も

概要

東京都港区南青山に2021年4月に建設予定である「港区子ども家庭総合支援センター(仮称)」をめぐり、近隣住民から非難の声が上がっている問題。非難の声がでた要因としては、施設に児童相談所も設ける予定となっているからだ。土地の価値が下がるのではないか、騒音がひどいのではないかと近隣住民は訴えている。それに対して、世間からは差別的だと批判されている。

相反する二つ以上の意見

子どもの虹情報研修センター(横浜市)の川松亮研究部長

家族だけでなく社会が子育てに責任を持ち、地域ぐるみで支えなくてはいけない

港区

三田にある子ども家庭支援センターへの相談件数が増え、昨年度は千件を超えたと報告

港区は広い空き地がなく価格も高い。審査を経て適正価格で国から譲渡いただいた。コスト意識をもって運営する

施設整備に疑問の声もいただいているが、増加する児童虐待から子どもを守るため、早期に整備したい

港区住民

署名活動を行う

建設の見直しを要請する「青山の未来を考える会」を発足

説明会では「なぜ高い土地を買って南青山につくるのか?」「保健所がある三田ではダメなのか」「人口が増えている港南地区にすればいい」との意見がでた

住宅評論家櫻井氏

児童相談所ができたことによる土地の価値を揺るがす影響事例は見られない

調べた内容

事業費100億円は妥当なのか

土地費用70億円、建設費用30億円とされている。

建設予定地の1平方メートルあたりの費用は230万円前後とされている。今回の建設予定地は1平方メートルあたり約225万円にて購入されているため、適正価格よりは安く購入出来ている。

建設費用は1平方メートルあたり57.7万円とされ、適正価格より少し高いが、公共施設であることを含めると妥当な価格である。

よって100億での建設費用は、南青山に建設するのであれば、妥当な金額と言える。

しかし、港区の中でも青山は地価が高い地域でもある。

仮説

地価が高い青山に建設する区からの説明が不十分ではないか。

  1. また税金を支払っている住民の意見を反映した施設ではない。100億の建設費用は決して安い価格ではない。青山の住民から建設の要請や意見があっての反映であれば、納得されるだろうが、青山での相談案件が増えたという事実は発表されていない。そのため、反対意見が相次いでいるのではないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする