概要:日本人は「GAFAの恐ろしさ」を知らなすぎる

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界の読みどころを経営共創基盤の塩野氏が解説した記事。

GAFAは私たちの生活のインフラに近いものとなり、依存度を高をめている。

アップルはジョブズによる「テクノロジー企業から高級ブランドへ転換する」という決定から、価値を創造した。

アマゾンは地球最大規模の店舗となり、安い資本を長期的に手に入れている。

フェイスブックは12億の人が毎日35分間使い、普及率と使用率は最も成功している企業である。

グーグルは1日に35億もの質問を受け、その6分の1は誰も質問をしたことがない内容だ。それほどの信頼をグーグルは得ている。

GAFAの敵はGAFAである。

「超優秀な人間にとっては最高の時代だ。しかし平凡な人間にとっては最悪である」

この本書に日本の大手インターネット企業が問題である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする