肯定意見:GAFA規制

実際にGAFAの使用をやめた人の意見

◉ニューヨーク・ブルックリンに住む、ダニエル・オバーハウスさん(25歳)

(GAFAの活用を)やめてみて学ぶことが多かったので、今のところ、ハッピーです。これらのサービスを使わなくても、普通の生活ができることがよくわかりました。要はそういう『選択』をするかどうか、です

規制をする主たる理由は、巨大IT企業の圧倒的に優位な立場を利用した取引先企業への不公正な契約の強要を無くすため。今の産業別倒産状況からどのような状況か示した図

◉産業別倒産状況

※2017年版中小企業白書より

倒産件数を産業別にみると、10産業のうち7産業で前年同期を下回った。飲食業などを含むサービス業他が1232件(前年同期比0.5%増)、3年連続で前年同期を上回った。また、小売業が571件(同4.3%増)で6年ぶりに増加に転じ、ソフトウエア業などの情報通信業が179件(同2.2%増)が2年連続で前年同期を上回った。

個人向けビジネスを展開する企業の大型倒産も目立ち、一般消費者に大きなインパクトを与えた。

→つまり、BtoC企業を中心とした会社の倒産が増えている。GAFAの活用が増えたことにより、直接店に行って購入したり飲食をしたりする機会が減ったのではないか

まとめ意見、仮説

GAFA規制により、利用者の選択肢の幅が広がる。理由としては、今GAFAへの依存が高まっており、買い物にもサービスを受けるにもGAFAを利用せずにはいられないからだ。選択肢の幅が狭まるということは、他の企業の参入が難しくなる。

そうすることにより新しい企業の芽が出なくなったり、主従関係を強いられる中小企業はGAFAに逆らえなくなる。

その状況改善のためにはGAFA規制が必要になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする