否定意見:GAFA規制

ソフトバンク・孫正義社長

プラットフォーマーとしてGAFAの4社、5社に力が偏り過ぎていると1つの問題であるとするなら、一方、データが様々な事業に活用されることそのものを規制しようということになると、セキュリティーとプライバシーをマネージすることは人類にとって大切なことですが、これを閉ざしてしまうことになると我々の進展を阻害してしまうものになる

実際に政府が規制をした結果どうなったか?

◉EUでは…

GoogleがモバイルOS「Android」で独占禁止法に違反しているとして、欧州委員会から43億4000万ユーロ(当時のレートで5700億円)の制裁金の支払いを命じられた件で、Googleは現地時間10月9日、この裁定を不服として上訴した。またそれとは別に、EU圏に対し、Androidに搭載するGoogleサービスの有料化を発表した。

→規制により実際、選択肢の幅が減っている。規制をしただけでは、プライバシーも守られてはいない。且つ新しい企業やイノベーションもすぐには起きない。

また、Googleサービスの有料化は、Gmailを仕事用として活用していた利用者には痛手となるのではないか。

まとめた意見、仮説

ただ規制しただけでは、GAFAの優位が完全に無くなるわけではないので、中小企業にとってよい環境が戻るとは言えないのではないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする