概要:もったいない・・・「最強のパスポート」を持つのに、なぜ日本人は海外に行きたがらない?

中国メディアが日本のパスポートがビザなしで190カ国・地域に渡航可能であるのに対して、海外に行きたがらない傾向にあることを取り上げた。

日本人のパスポート保有者は半数以下であり、若者が海外に興味がないことを問題とした。

調べた内容

◉各国のパスポート保有率
Forbesの記事によると、アメリカのパスポート保有率は42%(2017年)。カナダは66%(2016年)、イギリス(イングランドおよびウェールズのみ)は76%(2016年)。

◉出国時期

◉年代別出国者

関連ニュース

出国税の適用
日本からの出国時に1人1000円を課す国際観光旅客税(出国税)の適用が7日、始まった。
訪日外国人旅行者(インバウンド)の受け入れの財源を確保することが狙い。年500億円が見込まれる税収は、出国手続きの迅速化や観光地整備に使う。
出国税は、国籍を問わず日本を出国する人が納めるもので、航空券の購入代金などに上乗せされる。
※時事新聞2019/1/7

前例のない「GW10連休」、交錯する期待と不安
「4月27日、28日辺りは(予約件数が)前年比プラス150%ぐらいの伸びになっている」。エイチ・アイ・エスで旅行事業を統括する中森達也・専務執行役員はそう語る。同社の予約件数は連休全体で前年比3~4倍に。人気のハワイやグアム、アジアの都市部行きのチャーター便や航空会社の便から席を買い取って、自社専売を増やす準備を進めている。
JTBの推計によれば、2018年の日本人海外旅行者数は1890万人と6年ぶりに過去最高を記録した。2019年も1910万人と連続更新が見込まれる。特に今年は日程調整をする必要がないため、昨年末時点で、各社の予約件数はすでに数倍の規模に膨らんでいるもようだ。
※東洋経済オンライン2019/1/7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする