概要:日本におけるAmazonの是非

日本におけるAmazonの是非

○何を提供しているのか
店舗での購入よりも低価格、欲しい商品を素早く提示、即日で配達。
以上の消費者の要望に即対応するサービスを提供。

○なぜ多くの人に利用されているのか
品揃えが豊富で、家や商品から遠くにいたとしても、すぐに入手することができるため。

○日本でもなぜ利用されているのか
いつでもインターネットに接続可能なスマートフォンが主流になり、手軽にネットで購入できる状況になったためだと考える。
また車を持たない人口も増えているので大量の商品や大きな荷物を買う際は送付が前提の
ネットショッピングは便利なため。

○低価格で商品提供をできているのはなぜか
AWSという副業で利益を得ているため。

○Amazonがなぜ議論されているか
1,日本での法人税を逃れているため。
利益はAmazon.co.jpの売り上げはAmazon.com Int’l Sales, Inc.に計上されており、同社は日本に拠点を持っていないため、法人税を支払わないとしていることが議論される原因。

AmazonジャパンはあくまでもAmazon.com Int’l Sales, Inc.がサービスを提供しているだけであるため、子会社ではないとしている。
→アメリカでも2年連続納税を免れている。納税をしていない企業とトランプ大統領から名指しされても、なにもアクションを起こさないのはなぜか。

2,中小企業が太刀打ちできないため。
AWSで利益を出しているのでAmazon.co.jpで大きな利益を出さなくてもいい状態となっている。よって低価格での商品サービスの提供が可能である。日本大手のインターネットサービス提供をしている楽天もなかなか太刀打ちできない。

→楽天とAmazonの違いは何か。
サイトの見易さ、商品展開が違うようにおもう。商品によって価格がどちらかが高かったり安かったりする場合もあるので、価格問題ではない。商品の比較や見易さは購買力を煽ると考える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする