肯定意見:日本におけるAmazonの是非

Amazonの是非
肯定派

○Amazonの出現により、外出できない人でも手軽に買い物ができる人が増えた。楽天や日本の企業だけではネットショッピングがここまで認知されたなかったと考える。
→世界的な企業の為、購入可能商品の幅が広い。

○法人税未払いも、道理が通っている。また、それなることを筋道立てて説明できていることと含めて企業努力と考える。
→未払いというのはあくまでも国の主張。日本とAmazonの間で解釈の違いがあるのではないか。

○低価格での提供や即日配達により、一層多くの人に利用されるようになった商品もある。
→震災により多く購入されている2リットルの水の箱買(食品・飲料・おさけ部門一位:キリンアルカリイオン2L×9本)。本来ならば車がある人や近くにお店がある人に限られる。そうではない人にも気軽に購入でき、震災に備えられたという安心を提供できている。

○レビューの入力に特典を用意していない為消費者の生の声を見ることができ、購入の際参考にできる。広告を消費者にさせていることで、より購買力を煽っている。

○Amazonの出現でネットサービスをする企業が増えたように思う。
→確証が取れていない。そうであれば、企業に良い影響を与えたのではないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする